アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「水泳の歴史」のブログ記事

みんなの「水泳の歴史」ブログ

タイトル 日 時
慶応三年の水練侍
慶応三年の水練侍 樺ゥ日新聞出版社から、弊著書が出版される運びとなりました。 12月7日発売です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/30 22:47
エルボーアップ
エルボーアップ 今まで速く泳ぐというと、腕の回転を上げればいいとだけ思っていた自分の泳ぎが、まるで小学生並みだと気づいた。 たまに練習会でビデオを撮ることがあって、その映像を見るとよく分かる。 とにかく、腕を速く回そうとしていて、肝心の掻きがおろそかになっている。 しかも、リカバリーから入水まで特に左手がブーメランのように曲がっている。 まるで、水に指を突き刺そうとしているかのようだ。 なんでこうなったかというと、思い当たる言葉がある。 「エルボーアップ」だ。 別に学校で水泳部にも入っておらず、ス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/05 00:16
前畑ガンバレ!
前畑ガンバレ! ゆったり泳いでも、必死に泳いでもあまりタイムが変わらない私に一番足りないのは算数の計算だろう。力を入れれば足し算的に加速は得られるが、力みによるマイナス、つまり引き算も発生する。 現在の競泳、特に自由形を見ると選手の大型化が目立ち、体力の優位性=速力といった公式が成り立つように思うが、戦前には体格、体力的には劣る日本人選手が優勝を含め、上位入賞が多かった。なかでも引き算と足し算が複雑に絡む平泳ぎは日本人向けなのだろう。数多くのメダリストを輩出した。 その中でも印象に残るのは、1936年ベルリ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/05 00:37

トップへ | みんなの「水泳の歴史」ブログ

ノースイム ノーライフ 〜 泳ぐ 書く 呑む 水泳の歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる