アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「練習方法」のブログ記事

みんなの「練習方法」ブログ

タイトル 日 時
最近の練習
最近の練習 最近はすっかりさぼり癖がついて、きつい練習は全くしていない。 どんな練習をしているか、忘備録的に書いてみることにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/01 23:07
パラシュート練習
パラシュート練習 最近、やけに疲れる。 夏の疲れが出てきているのだと思うが、そうばかりでもないようだ。 原因は、パラシュートにもありそうだ。 バケツ引きのソフト番である。 現在、行っているSCでは、道具類が大概の者は使える。 それで、使わねば損だと、このパラシュートを使った練習をしている。 内容は、50m×2本を普通に泳ぎ、25m×8本をパドル付きで70%、25m×2本をノーパドルでダッシュ。 ちょっとシニアには無理な気がしてきた。 練習している最中はアレドナリンが出て来て、きついけど気持... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 23:09
2ビートキックのプルとキックの合わせ方
2ビートキックのプルとキックの合わせ方 恥ずかしい話なのだが、私は運動音痴だ。 運動好きなのだが、運動音痴だ。 最大の原因は、リズム感の欠如ではないか、と思っている。 運動音痴なだけではなく、本当に音痴なのだ。 小学生のときも、行進で、右手と右足が一緒に動いてしまうような子供だった。 そのせいか、スキップは得意だったのだが、そんなのは、何の自慢にもならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/08 00:12
DPS(ディスタンス・パー・ストローク)
DPS(ディスタンス・パー・ストローク) 非常にレベルの低い話で恥ずかしいのだが、私の場合、速く泳ぐためには、とにかく速く腕を回さなければならないと思っていた。 見合ったパワーがあれば、速く回せれば回せるほど速くなるのかもしれないが、やみくもに腕を速く回しても、泳速はちっとも速くならない。 小学生の泳ぎのように、じたばたとしている割には、さほど進んでいない泳ぎである。 昔は毛嫌いしていた泳ぎ方なのだが、いつどうして、そんな泳ぎになったのか、よく覚えていない。 最近になって、やっとこれではまずいと気が付いたのだから、何も考えていな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/26 23:04
エルボーアップ
エルボーアップ 今まで速く泳ぐというと、腕の回転を上げればいいとだけ思っていた自分の泳ぎが、まるで小学生並みだと気づいた。 たまに練習会でビデオを撮ることがあって、その映像を見るとよく分かる。 とにかく、腕を速く回そうとしていて、肝心の掻きがおろそかになっている。 しかも、リカバリーから入水まで特に左手がブーメランのように曲がっている。 まるで、水に指を突き刺そうとしているかのようだ。 なんでこうなったかというと、思い当たる言葉がある。 「エルボーアップ」だ。 別に学校で水泳部にも入っておらず、ス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/05 00:16
坐骨神経痛?
坐骨神経痛? 前回のブログで書いた背中の痛みは、治まりつつあるものの、断続的に続いている。 特に、寝ざめの朝に、鈍い痛みを感じる。 直接の原因は、重いものを背負って長時間歩いたことであるには間違いないのだが、疲れが背中に溜まっていたのも事実だろう。 痛む部分は、背中といっても、腰に近いところで、いろいろ調べてみると、坐骨神経痛に近いのではないか、と思い当たるようになった。 調べる際に、下記のHPがとても参考になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/06 21:24
オーシャンスイムの練習会
オーシャンスイムの練習会 今日は、オーシャンスイムの方の練習会に参加した。 2時間で3500m。 前半は、まだ余裕があったが、1000m×1本で、一気に苦しくなった。 慣れない長水路でのスイムで、第一、普段は、1000mの練習など行ったことがない。 3秒間隔くらいで出て行くので、自分のペースで泳げないのもキツイ。 心理的にもプレッシャーを感じる。 この練習でボロボロになってしまった。 メインの練習は200、100、50を3セット。 200もサイクルを組んでは、ほとんど泳いだ覚えがない。 3セットやるなら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/14 17:29
ローテーションだとか、軸の切り替えだとか 
ローテーションだとか、軸の切り替えだとか  以前、二軸スイミングだとか、フラットスイミングなどといった言葉が流行した。 「lこれは」と思って取り組んでみたものの、そこは素人水泳の悲しさ。 今になって考えると、中途半端な理解ほど、怖いものはない、反省の感しきりである。 中でも、「ローリーングではなく、ローテーションを使う」といった点についての勘違いは甚だしかった。 ローテーションを完全に排そうとすると、単に手だけをグルグル回すことになる。これでは、力も入らないし、すぐに疲れてしまう。 「右手で水をかいている間は右の軸に重心がかかり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 12:43
ココナラ プログラム作成サービス
ココナラ プログラム作成サービス ココナラというサービスがある。 あまりライバルには教えたくない、というサービスだ。 どういうものかというと、500円から1000円くらいの安価で、専門の人が色々のサービスを提供してくれるというもの。 占いなどの、「?」のサービスも多いが、この中に、水泳のパーソナルプログラムを組んでくれるというものがある。 組んでくれるのは、ロンドンオリンピック選考会6位の実績を持つ小坂悠真さん。 最初に、メールで自分の現在の能力、目標をやり取りした後、各人にあったプログラムを組んでくれる。 私は短距... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/01 22:12
クィックターン改善
クィックターン改善 とにかくクィックターンが遅い。 おまけにターンの始動期に、ぐっと息を吐いてしまうので、浮き上がり後の息がとても苦しい。 自分なりに練習していたのだけど、どうにも速くならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/16 23:50
ワンランクアップのクロール
ワンランクアップのクロール 先日、パラシュートを使用した。 いわゆるテザート・トレーニング、つまり抵抗トレーニングだ。 経験者の人は現役時代、バケツを引っ張ったのかも知れないが、中高年がバケツを引っ張って泳ぐと抵抗が大きすぎて自爆しそうだ。 パラシュートは直径30cmの布が負荷を生み出すのだが、自分にとって、この抵抗はかなり高負荷だ。 25mを10本と決め、トレーニング開始。 最後にダッシュもどきを行い終わったときは、疲労度は頂点。 おまけに次の日まで疲労を引きずってしまった。 しかし、それだけの効果はあるよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/20 18:07
息継ぎが苦手
息継ぎが苦手 恥ずかしい話だが、私は息継ぎがかなり下手だ。 息継ぎのテクニックそのものも上手くないが、もっとひどいのはタイミングである。 特に、下手さが現れるのは、ターン直後だ。 クイックの最中に息をぐっと吐いてしまうので、ターン直後がとても苦しい。 バックのターンはもっと悲惨で、息を細く吐く余裕がないので、すぐに浮き上がらないと鼻に水が入る。 大会でも、前回の1フリは入りがとても快調だったので、50までの息継ぎの回数を極端に減らしてしまい、帰りで完全失速。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/01 22:41
上達=正しい練習方法×練習量
上達=正しい練習方法×練習量 本日、愛知スポレクが終わり、同時に今年の競技大会も終了。 結論からいうと、進歩なしという残念な結果。 10年前の自分のタイムが目標だったのだけれど、まったく届かず。 図らずも、練習方法が間違っていたことを証明してしまった。 結局持久力が上がっただけで、スピードが上がらなかったのが敗因である。 最近のメイン練習をチームの代表に話したら、その通りだと言われたうえで、練習方法を教えてもらった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/20 22:33
トレーニングと筋肉痛
トレーニングと筋肉痛 3ヶ月ほど前から、月に一度の割合でパーソナルトレーナーにお世話になり、ジムで汗を流している。 最近、日常生活であまり歩かなくなってきたせいもあり、下半身が相当なまっている。 ある程度は自覚はしていたが、トレーニングをすると、その後の筋肉痛に愕然とする。 昨日は、シングルレッグスクワットという片足を台の上に乗せて行うスクワットを10kgのウエイト付で片足10回×両足×3セットを行ったのだが、案の定、今日は筋肉痛だ。 上半身も上腕三頭筋あたりがかなりしんどい。 昨日は久しぶりだったので、か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/25 23:30
HIT(高負荷トレーニング)
HIT(高負荷トレーニング) HIT(高強度インターバルトレーニング・High Intensity Interval Training)の歴史は古い。 もともとインターバルトレーニングはチェコスロバキアの長距離走者であるエミール・ザトペックによって有名になった。ザトペックは、 「持久力は、速いスピードで身体に強いストレスをかけ、次の練習に移るまでの回復時間を短くすることによって得られる」 と、現代のインターバルトレーニングの常識を早くも1950年代に実施していた。 そのインターバルトレーニングの派生形がHITである。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/07 22:42
カーボローディングの効果について
カーボローディングの効果について スポーツ界にも科学が取り入れられ、スポーツ先進国であるアメリカなどの研究は日進月歩の感がある。しかし、分かってきたようで分かっていないのがトレーニング。 日本では常識であるように伝承されることも、事実ではない場合もある。 たとえば、カーボローディング。 練習の一週間まえに練習の強度を上げ、同時に脂肪とタンパク質だけを摂取することにより、炭水化物を枯渇させておいて、試合の二、三日前に炭水化物を補給(カーボローディング)させれれば、通常以上の量の短酸化物が筋肉に送り込まれ、「最大限に蓄えられた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/06 23:23
テンポトレーナーの活用方法〜ダッシュ練習
テンポトレーナーの活用方法〜ダッシュ練習 先日行われた鈴鹿短水路大会のあまりに不甲斐ない結果を見て、短い距離でのスピードアップから組み立てていく必要性を痛感した。 12.5mから始めて25m、50m、100mと距離を伸ばしていく。 12.5mでのダッシュが遅ければ、その後の組み立てができないわけで、今のようにロー発進で、後半加速していこうなどという考えは無理だと思った次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/06 00:35
ダッシュ練習
ダッシュ練習 練習のための練習では意味がない、とよく耳にする。 距離だけ稼いで練習した気になっていても進歩しない、ということでもある。 ダッシュ練習は、本数をこなしてはいけない、と聞いた。 結局、数を多くすると、ついつい力を抜いてしまうからだ。 それよりは、100%の力で少ない数を泳いだほうがいいと言う。 具体的には12.5mを4本でもいいそうだ。 この場合、前半ダッシュで後半はだらっと流すくらいで泳ぐ。 イージーハードでは駄目。ハードイージーでないと効果がないらしい。 練習してみよう、っと。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/01 08:56

トップへ | みんなの「練習方法」ブログ

ノースイム ノーライフ 〜 泳ぐ 書く 呑む 練習方法のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる